▲ PAGE TOP
トップページ  > ハードディスク/SSD  > SSD/HDD取り付け用パーツ  > Macmini用SSD/HDD取り付けパーツ

Mac mini Late 2014用 PCIe SSD増設キット [SSDKIT-MacMini-14PCIe] 



  • 商品番号:BCAK0081069
  • 品番:SSDKIT-MacMini-14PCIe

お気に入りに登録

¥10,990

税込:¥11,869

[ 在庫表示について ]

数量:

この商品は現在、在庫がございません。

Mac mini Late 2014用 PCIe SSD増設キット [SSDKIT-MacMini-14PCIe]をはてなブックマークに追加 

本製品をご利用することによりMac mini本体の正規メーカーサポートが受けられなくなる場合がございます。また、お客様自身でお取り付けの際に生じたコンピュータ本体の不具合に関して当店では一切の責任を負いません。製品の概要をご理解、ご承知の上でご利用ください。

分解方法はMac mini Late 2014の分解解説サイトをご参考下さい。
対応機種:Mac mini Late2014専用

Mac Mini Late 2014 HDDのみのモデルに、PCIe SSDを増設するためのキットです。Mac mini Late 2014は、2.5インチ HDD 1台とPCIe SSD を1台ずつを内蔵可能となっています。2.5インチ HDDのみのモデルには、ケーブル等必要なパーツが内蔵されていないため、PCIe SSDを用意しただけでは増設することはできません。本キットによりPCIe SSDが増設可能になります。 ■保証:30日
このキットに増設可能なPCIe SSDはコチラ


<商品内容>
PCIeケーブル付きドライブマウント:1個
コネクタ固定用リテーナープレート:1個
リテーナープレート用ネジ:2個
SSD固定用T5ネジ:1個

対応機種:Mac Mini Late 2014モデル
※2012/2011/2010モデルには使用できません。

※ Vintage Computer社さんより転載許可を得て掲載しています。


Mac mini Late 2014
PCIe SSD 増設キット取り付け方法


①Mac mini Late 2014 HDDオンリーのモデルを、ほぼ完全に分解します。最後に、ドライブキャリアを取り外します。

※分解方法はMac mini Late 2014の分解解説サイトをご参考下さい。
②付いている、2.5インチ HDDをドライブキャリアから取り外します。SATAケーブルが付いていますので、破損しないように注意。 HDDを再利用する場合は、SATAケーブルをドライブから外す必要はありません。HDDを交換する場合は、SATAケーブルを新しいドライブに付け替えます。
③左が、本体から取り外したドライブキャリア。右の、本キットのキャリアに交換します。 PCIe SSD用のコネクタとケーブルが付属します。
④本キットのドライブキャリアに、2.5インチドライブをケーブルごと取り付けます。ケーブルはドライブキャリアの穴に通します。 ドライブを固定する4本のネジは、元のネジを再利用します。
⑤PCIe SSDをドライブキャリアのコネクタに差し込みます。

※PCIe SSDは、MacBook Air(Mid 2013、Ealy 2014)、MacBook Pro Retina 13/15(Late 2013、Mid 2014)、Mac Pro Late 2013のSSDと共通です。
⑥キット付属のT5 トルクスネジで、SSDを固定します。
⑦Mac miniの本体にドライブキャリアを組み付け、他のパーツも元のように組み付けます。 PCIeコネクタを、マザーボード上のコネクタに差し込みます。さらに、コネクタ固定用の付属のリテーナープレートを付属のネジ2本で固定します。裏蓋を取り付けて完了です。

※元のHDDをそのまま取り付けたのであれば、電源を入れると、そのまま起動します。PCIe SSDが初期化されていない場合は、ディスクユーテリティで初期化を行ってください。






交換や増設にオススメな関連商品はコチラ!






▲ 上へ