▲ PAGE TOP
トップページ  > Thunderbolt 製品

Thunderbolt 製品

をはてなブックマークに追加 

Thunderboltは今までにない高速転送

製品によっては900MB/s以上の超高速転送を誇るThunderbolt RAIDハードディスク。
Thunderboltケーブル一本で簡単に接続でき、高解像度画像編集、レコーディングやミックスダウン、高画質の動画編集などがThunderbolt接続RAIDハードディスクを使えうことで今までにない快適な作業を提供致します。


HDD(SSD)2台構成から最大8台搭載可能なケースまで
豊富なラインナップ

2.5インチSSDのを2台搭載したコンパクトなポータブルRAIDハードディスクから最大900MB/s以上の転送速度で大容量データも快適に扱えるモデルまで環境や予算に合わせてお選びいただけます。
一番低コストなハードディスク2台構成のThunderbolt RAIDハードディスクでもRAID 0(ストライピング)設定でRead/Wrightともに200MB/s以上、RAID 1(ミラーリング)でもRead/Wrightともに120MB/s以上の転送速度を発揮します。
高速転送をご要望される場合は4台以上のハードディスクで構成されたRAIDシステムをおすすめ致します。
さらに6台構成のRAIDシステムでは最大800MB/s以上、8台構成のRAIDシステムでは最大900MB/s以上の転送速度を実現し、RAID 5/RAID 6設定では優れたデータバックアップにも対応しているため、大容量データを扱う作業において快適な作業環境を提供致します。


デイジーチェーンによる柔軟な接続性と拡張性

ThunderboltインターフェイスはThuderboltを搭載した周辺機器を連結して最大6台の接続が可能です。
Thunderbolt RAIDハードディスクを6台や、Thanderbolt RAIDハードディスク5台とThunderbolt Display 1台といった接続も可能です。




Thunderboltはポータブルでも高速転送

2.5インチハードディスクを1台搭載したThanderboltポータブルハードディスクでは内蔵ハードディスクと同等程度の転送速度を発揮。2.5インチSSDを2台搭載したThunderboltポータブルRAIDハードディスクではThunderbolt説ぞ奥の大容量RAIDハードディスクにも匹敵する最台750MB/s以上の転送速度を誇る機種もあります。
また、多くのThunderboltポータブルハードディスクはThunderboltポートからのバスパワー電源供給によりACアダプター等の外部電源が不要で、ケーブル一本で駆動可能です。


ポータブルでも可能性を広げるデイジーチェーン

Thunderbolt RAIDハードディスクと同じようにポータブルハードディスクでもThuderboltを搭載した周辺機器を連結して最大6台の接続が可能です。
バスパワーでの電力供給に限界があるためACアダプタが必要になりますが、Thunderboltポータブルハードディスクを6台や、Thanderboltポータブルハードディスク5台とThunderbolt Display 1台といった接続も可能です。




Thunderboltで最高品質キャプチャー

Thunderboltは10Gb/s超高速インターフェースのため、ProRes、DNxHDなどのポピュラーな圧縮ビデオフォーマット、そして10bit非圧縮ビデオなど最高解像度のビデオフォーマットをThunderboltケーブル一本で簡単に扱うことが出来ます。
またThunderboltは、低レイテンシならびに非常に正確な時刻同期を実現するので、4Kワークフローに最適です。


プロ用から個人ユーザー向けまでラインナップも多数

Thunderbolt接続のピデオキャプチャーはプロ向け製品から個人ユーザー向け製品までラインナップも多数あり、6G-SDI、HDMI 4K、AES/EBUオーディオなどプロの現場で多く利用されるものから、HDMI、コンポジット、S-Video、オーディオ入力など家庭用ビデオカメラから直接接続可能なインタフェイスを搭載したものまで環境に応じて選択出来ます。


様々な編集ソフトウェアをサポート

多くのThunderboltビデオキャプチャーでAdobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe Photoshop、Avid Media Composer、 Avid Symphony、Avid NewsCutter、Steinberg Cubaseと言ったメジャーなポストプロダクション/放送用ソフトウェアが使用できます。
また、VJやFlash Media Encoder、Xsplit Broadcaster、Wirecast、Livestream Procasterを使ったストリーミング配信なども高画質、高音質で簡単に行うことができます。




ThunderboltでさまざまなI/Oへ変換可能に

Thunderboltは変換ユニットやドッキングステーションを使うことで
・PCI Express
・ExpressCard/34
・eSATA
・FireWire
・USB3.0/USB2.0
・HDMI/DVIなど映像出力
・Sonnet、Pro tools、AJA、ATTO等の専用拡張カード
等、さまざまなインターフェイスへの変換が可能です。


デイジーチェーンで広がる可能性

今までMacProを使う以外に出来なかった音楽製作、映像制作プロジェクトもThunderboltを搭載したiMac、MacBook Pro、MacBook Air、Mac miniと拡張ユニットやドッキングステーションを使うことで、例えばiMacと「RED ROCKET」を搭載した拡張ユニットを接続してプロフェッショナルなビデオ編集やMacBook ProにPro Tools|HDXを搭載した拡張ユニットを接続して大規模なレコーディング作業が可能になります。
さらには拡張ユニット/ドッキングステーションもハードディスク同様最台6台までのデイジーチェーンが可能なため、拡張ユニットをつなげることでさまざまなシーンに対応したコンピューター環境を作り上げることが出来ます。




ケーブル一本で最長30メートルの接続が可能

FireWireでは認識する最長ケーブル長は4.5メートルまででしたが、ThunderboltではThunderboltケーブル一本で最大30メートル先の機器への接続が可能です。
例えばレコーディングスタジオのようなノイズを極力排除したい環境ではThunderboltケーブルで接続した拡張ボックスとオーディオインターフェイスをコントロールルームに置き、外付けハードディスクなどノイズを発する機器を部屋の外に置くと言ったレイアウトも可能になります。

デイジーチェーンに最適な30センチケーブルから最長30メートルまでさまざまな環境に合わせたケーブルをご用意しております。




モニター変換アダプタでさまざまな環境へ対応

Thunderboltを搭載したMacから変換アダプターを使うことで、液晶テレビ、パソコン用液晶モニター、液晶プロジェクター、VJ機器などHDMI、Display Port、DVI、VGA(D-sub)、S端子、コンポジット(RCA端子)を搭載した映像機器への映像出力が可能です。
HDMIやDisplay Portでは映像機器側が対応していれば、映像だけではなく音声も出力可能な変換アダプタもあり、煩わしケーブルの取り回しもわずか一本のケーブルで行う事が出来ます。