▲ PAGE TOP
トップページ  > Mac専用周辺機器 『林檎派』秋葉館オリジナル製品 特集ページ  > 林檎派シングルハードディスク

林檎派シングルハードディスク

をはてなブックマークに追加 


個人ユーザーから大規模プロジェクトまで
多くの現場を支える林檎派シングルハードディスクシリーズ

林檎派シングルハードディスクの定番『Macbeth Combo』

初代秋葉館オリジナル外付けハードディスク『AKB FW』の意思を受け継ぎ、現在まで数度のモデルチェンジを繰り返してきている『Macbeth Combo』シリーズ。
ワンプロジェクトワンディスクを必要とするレコーディングスタジオや音楽制作現場、映像制作現場、デザイン事務所、写真スタジオなどMacが活躍するさまざまな現場で数多く導入されており、長年にわたり培ったその安定した動作とデータ転送が信頼を寄せ、現在に至るまで多くのMacユーザーのデータ保存環境を支えています。




常識に囚われない外付けハードディスク『FireWire Toaster』

内蔵用ハードディスクを上から差し込むだけでハードディスクの交換が簡単に行える革新的なハードディスクケース『FireWire Toaster』。
従来の外付けハードディスクの空き容量が無くなるごとに買い足したり、コストを抑えようとベアドライブを購入しても、何本もネジを外して取り付けてとめんどくさい作業がついてきました。
『FireWire Toaster』はそんな面倒な作業を取り除き、ローコストで多くのハードディスクを使える環境を提供致します。 SOHOオフィスなどで各自のMacに『FireWire Toaster』を接続し作業工程ごとに1台のディスクを使い回す事で、高額なファイルサーバーやMacとの相性があまり良くないNASシステムを導入することなく、物理的なデータ共有を可能にします。



HDDケースとクレードルをドッキング『FireONE』

『FierWier Toaster』の販売開始後、ハードディスクを裸のまま使用するのが心配だという声が寄せられたことを機に、開発された『FireOne』。
ハードディスクの抜き差しは工具を一切必要とせず、フロントドアをボタン一つで開けることで内蔵用ハードディスクを簡単に取り出すことが出来るハードディスクケースです。
『FierWier Toaster』同様、内蔵用ハードディスクをプロジェクトごとやジャンル毎に訳、作業によって入れ替えることによって簡単に複数の外付けハードディスク環境を作ることが出来ます。



最新インターフェイスを身近にする『Macbeth U3』

MacPro以外*の全てのMacに標準搭載された高速インターフェイスUSB3.0。
その高速インターフェイスを手軽にMacに導入出来るよう販売を開始いたのが『Macbeth U3』です。
Macに合わせたアルミボディーとUSB3.0のみのシンプルなインターフェイスがより身近にUSB3.0の高速インターフェイスを導入することが出来ます。 *2013年9月現在